一般社団法人自然災害研究センターはJAXA、ESA、JAXA等の公的機関データを使い、統合解析しております


データ統合解析

現在、世界中の多くの公的機関が様々なデータ観測を行っております。しかしながら、形式や値が観測機関によって異なるため、複合的な統合解析がなされておりません。EPRC JAPANでは、世界中のビッグデータを「AI」を用いて3次元上で統合解析し、様々な自然災害の「事前把握」を目的に研究開発を進めています。
「ISACO」と名付けたこのプロジェクトが進むことで、過去の大災害発生前の状況との類似性検証や、今後の予測を加えることで自動的に「大災害の被害事前予測」を算出することが可能になります。
このようなデータを活用して大災害発生24時間前までに「アラート情報」を的確に配信することに挑戦しています。


  • 震源関連

    USGS・気象庁・JAMSTEC

  • 震度関連

    気象庁・QuickMap(産総研)

  • 波形関連

    Hi-net・F-net(防災科研)

  • 潮位関連

    気象庁・海上保安庁
  • 活断層関連

    活断層データベース(産総研)

  • 地盤強度関連

    日本シームレス地図・地すべり地形分布図

  • 地殻変動関連

    IGS・GNSS・DGPS(国土地理院等)

  • 地中圧力

    地下水観測データベース
  • 干渉SAR

    Sentinel1-A(ESA)・ALOS-2(JAXA)

  • 気象関連

    雨量・風速・気温・気圧(気象庁)

  • 地電流

    国土地理院・地磁気観測所

  • 宏観現象

    全国農業試験場

※データは一部取り込み予定を含む