一般社団法人地震予兆研究センター:反社会的勢力に対する方針



一般社団法人 地震予兆研究センターは、暴力、威力と詐欺的手法、風評被害などの流布を駆使して経済的利益を追求する集団又は個人である反社会的勢力による被害を防止するため、次の基本方針を宣言します。

1.一般社団法人 地震予兆研究センターは、反社会的勢力、及び反社会的勢力と関係性が疑われる人物・集団とは、一切の提案、取引、交渉、接触、面会は行いません。

2. 一般社団法人 地震予兆研究センターは、反社会的勢力、及び反社会的勢力と関係性が疑われる人物とは、取引関係を含めて、一切の関係を遮断します。また、反社会的勢力による不当要求は拒絶します。

3. 一般社団法人 地震予兆研究センターは、反社会的勢力に対しては、組織全体として対応を図るとともに、反社会的勢力に対応する研究員の安全を確保します。

4.一般社団法人 地震予兆研究センターは、平素から、警察、暴力追放運動推進センター、弁護士等の外部の専門機関と緊密な連携関係を構築します。

5.一般社団法人 地震予兆研究センターは、反社会的勢力による不当要求に対しては、民事と刑事の両面から徹底的に法的対応を行います。


制定:平成26年7月8日

一般社団法人地震予兆研究センター 代表理事 佐藤克